消滅型生ごみ処理機とは、投入した生ごみを微生物の力を借りて、微細に分解し水溶化させ排水として処理するシステムです。手間がかからず生ごみを消滅処理させることができるシステムです。

  1. 環境への負荷の低減
    LFC消滅型生ごみ処理機は、微生物の活性が高まる40℃程度で分解し、ほぼ固形物をゼロにします。これにより、埋立地への生ごみの投棄や焼却の必要性を減少させ、環境への負荷を軽減します。
  2. CO2削減
    現在、大半のゴミが焼却処理されています。ごみの運搬時のCO2をはるかに超えるCO2が発生  します。LFC消滅型生ごみ処理機は、運ばずにその場で処理することでCO2を大幅に削減します。
  3. 悪臭や害虫の制御
    生ごみはそのままにしておくと悪臭や害虫の発生源となりますが、LFC消滅型生ごみ処理機は好気性微生物により分解するため、嫌気性の腐敗した臭いの発生を抑えます。これにより、周辺環境の品質を向上させます。
  4. 簡便性と省スペース
    LFC消滅型生ごみ処理機はコンパクト設計で、設置スペースが限られている場所でも利用できます。また、日々の生ごみの処理が簡便で、作業者にとっても負担が少ないため、都市部や食品工場、ホテル、各種企業などで特に選ばれる傾向があります。
  5. 衛生的な処理
    好気性微生物分解プロセスにより、生ごみは衛生的に処理されます。これにより、病原菌や有害な微生物の増殖を抑え、周辺の衛生環境に貢献します。
  6. 法規制への適合
    多くの地域で、生ごみの適切な処理が法規制で義務付けられています。LFC消滅型生ごみ処理機は、これらの法規制に適合するための効果的な手段として利用されます。浄化設備で排水処理を行った場合は、外部に廃棄物が排出されることがないため、食品リサイクル法にカウントされます。

お気軽にお問い合わせください。045-752-9088受付時間 9:00-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。